BLOG

SEO対策は外部対策から内部対策重視へ

数年前と現在ではSEO対策のトレンドは変わってきています。
以前はとにかくたくさんの外部リンク(他のWEBサイトから自分のHPにリンクを貼ってもらうこと)を集めることが重要で、SEO対策業者にお金を払って対策している企業が多くありました。
いわゆる「外部対策」が重要視されていたのです。

現在では、この手法はあまり有効でなくなっており、それに代わってサイト内の情報の質を問う「内部対策」が重視される時代になってきています。

外部対策に関して、現在でも重要であることに変わりはありませんが、以前と違うのは外部リンクの質が重視されてきていることです。

例えば、以前は外部リンクの量が重視されていたので、自分やSEO対策業者がたくさんのWEBサイトを作って、
そこから意図的にリンクを貼ってもらえば効果的でした。そのような自作自演のリンクは現在では評価が低く、
一方で自然なリンク(良質な記事であれば知らない人が勝手にリンクを貼ってくれますがそのようなリンクのこと)が評価されるようになっています。

そのような自然な被リンクを獲得するためには、WEBサイトを訪れるユーザーにとってわかりやすい文章で、
読んでもらって価値のあるサイトでなければいけません。そしてグーグルのクローラーにもそれを認識してもらう必要があります。

Googleは、検索するユーザーが求めている情報を的確に早く提供することを目指しています。
そのため、アルゴリズムと呼ばれる、検索結果を自動で決めるための計算プログラムは日々改善されており、今後も変わり続けていくことでしょう。
しかし、ユーザーにとって価値のあるサイトであるかという点が今後より重視されていく流れは変わらないと思います。
今後は小手先の対策ではなく、正しい方向性を理解したうえでそれに従って地道に価値のあるサイトを作り上げていく、王道のSEО対策で上位表示を狙っていくのが正しい方法です。

内部対策の具体的な方法についてはまた改めてお話させていただきます。

関連記事一覧

関連記事はありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー